群馬で墓石仏壇葬儀選びなら「石のゴダイ」へ

0120-148489受付:9:00~18:00 休業日:木曜日

永代供養墓

県央エリア 東毛エリア 西北毛エリア 県外エリア
曹洞宗 天台宗 臨済宗 真言宗 浄土宗 神式 墓苑

宗派自由霊園県央エリア

跡取りがなく墓所を求めることができない、一人娘が嫁ぎお寺と絶家してしまう・・・など、 高齢化社会と共に少子化が社会問題になってきています。 そんなお一人の方、ご夫婦だけの方、絶家されてしまう方、身寄りのない方に永代にわたり供養できる 「永代供養墓」をご案内いたします。

永代供養墓って何??

永代供養墓とは

 従来のお墓は、「家」を単位として代々受け継がれることを前提にしていました。しかし現代では、少子化や核家族化が進み、また住居地も同じ場所に留まる割合が減るなど、代々お墓を受け継ぐことが難しくなってきています。
永代供養墓は、このようなお墓の問題を解消するあたらしいお墓のスタイルとして、近年広まりつつあります。
見た目の形から「納骨堂」と呼ばれることもあれば、どのように納骨されるのかという観点から「合葬墓」と呼ばれることもあります。また、申込者の単位の観点からは「個人墓」や「夫婦墓」と呼ばれる場合もありますが、「永代供養墓」にとって重要なポイントは、"管理と祭祀が約束されている"ことにあります。  永代供養墓には、法律上の定義はまだありませんが、一般的には以下の3条件を満たしたお墓が「永代供養墓」と呼ばれています。  永代供養墓の概要
1.承継者(後継ぎ)の有無に関係なく申込みができる
2.生前に申込みができる
3.永続的に管理と祭祀(供養)が受けられる

永代供養墓が増えている背景

 永代供養墓の需要は、年々増えています。 単身の方や子どものいないご夫婦はもちろん、子どもや家族がいる場合でも「娘が嫁いだ後は、お墓のことで面倒をかけたくない」「子どもが遠方にいるので、守っていく必要のないお墓がいい」という方は少なくありません。 永代供養墓が増えている背景 昨今では、公営でも「合葬式墓所」という形で、永代供養墓と同様のものが増えてきています。

永代供養墓の種類

 最も一般的な形態は、地下あるいは半地下に骨壺を安置するための納骨室を造り、上に像・塔・碑などを建立したものです。 形の上では、「納骨堂型」、「納骨塔型」、「納骨陵型」、また、納骨室が仏壇あるいはロッカー形式になっている「納骨廟型」などがあります。 合葬式のほかにも、独立した石塔を建てる「個別墓」や、石碑を一つの区画に並べた「集合墓」といった形式もあります。

永代供養墓のシステム

  多くの永代供養墓では、一定期間を経過した遺骨は、土に返すために合祀カロートに移されます。その時期については「13回忌まで」「33回忌まで」「使用者の希望年数」などさまざまです。 また、供養のスタイルも、一般的なものは春秋のお彼岸とお盆に合同法要が行われるケースですが、祥月命日の供養や年回忌の法要を行っているところもあります。

永代供養墓ご紹介

県央エリア東毛エリア西北毛エリア県外
曹洞宗天台宗臨済宗真言宗浄土宗神式墓苑

本社アクセス

〒379-2235
群馬県伊勢崎市三室町5277
TEL.0270-62-6525(代)
受付:9:00~19:00
定休日:木曜日

メディア情報

コマーシャル

リンク

伊勢崎市

伊勢崎市

太田市

桐生市

前橋市

高崎市

↑ PAGE TOP